アスタキサンチン情報サイト「アスタキサンチンって何だろう」

今話題のアスタキサンチン

アスタキサンチン、という栄養素が現在話題となっています。様々なメディアなどでその健康パワーが取り上げられているアスタキサンチンは、非常に大きな健康パワーを秘めています。ただ、美容や健康にいいのはわかるけれど、詳しいことまではしらない、という人も多いのがこのアスタキサンチンではないでしょうか。そもそもアスタキサンチンとは、カロチノイドと呼ばれる成分の一種です。カロチノイドの代表格は緑黄汚職野菜に多く含まれるβ-カロチン。アスタキサンチンはこのβ-カロチンの仲間であり、サケやエビ、そして海藻やカニなどに含有される赤色の色素です。このカロチノイドと呼ばれる成分は全般的に抗酸化作用が高いことが知られていますが、その中でもアスタキサンチンは特に抗酸化力が高いとしいて注目を集めるようになりました。

このカロチノイドという色素成分はカロチンとキサントフィルに分類されます。カロチン系の色素はβ-カロチンや、トマトやスイカなどに含まれる赤色色素であるリコピン、ホウレンソウなどに含まれるルテイン、唐辛子のカプサイシンなどがその代表です。これらの色素群には非常に高い抗酸化作用が備わっていることがわかっているのですが、そのなかでも特に抗酸化力が高いとされているのが「アスタキサンチン」なのです。アスタキサンチンはヘマトコッカスという海藻に多分に含有されており、それをオキアミやサクラエビなどが食べ、さらにそれをカニやエビ、サケなどが食べる(食物連鎖)ことで、あの赤色を得ています。白身魚に分類されるサケがオレンジ色をしているのはこのためで、アスタキサンチンを含む海藻やオキアミなどを食べることによる影響なのです。このアスタキサンチンは、もともと抗酸化力が非常に強いとされるカロチノイドの中でも、最も抗酸化力が高く、その抗酸化力はビタミンEの1000倍、β-カロチンの10倍とも言われています。

アスタキサンチンこの抗酸化力が強い、というのは人の健康を守るのに、非常に重要な役割を果たします。抗酸化力とは老化や様々な病気の原因の一つとされている、活性酸素と闘う力が強い、ということなのです。アスタキサンチンをうまく摂取することで、老化の進行を抑制し、様々な病気を予防・改善することができます。そこで、ここでは知っているようでよくわからない、アスタキサンチンが秘める力について見ていきたいと思います。

わかさのサプリメント
http://www.wakasa.jp/